ペット火葬の供養の仕方について知ろう

このサイトではペット火葬のあとの供養について紹介しています。
家族同然だったペットが亡くなってお骨にした後は、お近くのペット霊園でお墓に入れたり納骨堂に入れて、お坊さんにお経を定期的にあげてもらうこともできます。
お骨は骨壺に入れたままおうちで保管されるかたもおられます。
霊園を紹介してもらうことも出来ます。
どのようにしたいのか、飼い主さんの気持ちのままで良いのです。
自宅にしばらくおいたあと、納骨することも可能です。

ペット火葬後には供養を。供養とはどんなこと?

ペット火葬後には供養を。供養とはどんなこと? ペット火葬で、大切なペットの亡骸をお骨にした後は、そのままペット火葬業者の提携先の霊園で個別や合同で埋葬してもらうと気持ちに区切りができます。
自分の訪れたいときに参って、ペットに話しかけてあげると良いです。
合同慰霊祭を行っているところも多くあります。
それに参加すると悲しみをほかの飼い主さんたちと共有できるのが良いところです。
供養とはそのように飼い主さんの心を静めていくためのものでもあり、霊園にいれずに、手元にずっと置いておくことも出来ますし、また、ほとんどを霊園に預け、遺骨の一部をペンダントなどに入れて持っておくという供養の形もあります。
それならば今までと同様に、ペットのそばにいる感覚をもち続けることが出来るでしょう。

ペット火葬の方法と供養をする際の主な流れとは

ペット火葬の方法と供養をする際の主な流れとは ペットが亡くなったらペット火葬を考えなければなりませんが、合同火葬と個別火葬の二つがありますので、まずはどちらかを選ぶ必要があります。
合同火葬は複数のペットの遺体をまとめて火葬する方法であり、費用面では安く済みますがお骨が判別できませんので引き取ることができません。
手元には戻ってこず、ほとんどは共同墓地への埋葬となりますので、お骨を持ち帰りたい人には不向きです。
個別火葬なら一体ずつ火葬をしますので、ペットの骨を持ち帰ることができますし、お別れからお骨拾いまでを全て立ち会うことができますので、気持ち的にも納得しやすいといえます。
ただし、費用は高めです。
このようにペット火葬ではお骨を持ち帰りたいかどうかで選ぶべき方法が違ってきます。
持ち帰りたいのなら、やはり個別火葬を選ばなければなりません。
その後の供養ですが、ペット霊園にお墓を建てる人もいれば、家族との共同墓地におさめる人もいます。
自宅に埋めるケースもありますが、その場合は火葬してからでないとその土地を売却する際に問題が生じます。
火葬した後なら、手元にお骨を置いておくことも可能です。
納得できるまで手元に置いておき、その後どうするかを決めるのでも構いません。

ペット火葬情報サイト

足立区でペット火葬を探す